刑事事件の解決実績

職場内での強制わいせつで、示談成立により捜査を回避できた事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

風俗店において、風俗店店長である依頼者が、同店のキャスト女性に対しわいせつな行為をしたと主張されたが合意があったものとして容疑を否認していたケース。刑事事件化前に受任。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

会社/職場内

職業

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不送致

被害者に謝罪と賠償を尽くして示談を締結。刑事事件化することなく事件終了となった。

弁護活動

依頼から

1.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

相手が性的行為に合意していると思っていても、実際は合意していなかったケースもあるでしょう。本件は、合意が問題になりましたが、示談が成立すれば刑罰を回避できる見込みがあったので、誠意を尽くし示談に取り組みました。結果、示談が成立し、被害届が出されず、刑事事件化を回避できました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ