刑事事件の解決実績

駅のエスカレーターでの盗撮(条例違反)で、不起訴になった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

駅エスカレーターにおいて、前に立つ被害者女性のスカートの中に携帯電話を差し向けて盗撮したとされたケース。後日、警察の捜査を受けて逮捕された迷惑防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

なし

最終結果

不起訴

被害者と連絡が途絶し示談を締結できなかったものの、贖罪寄付を実施。不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

2.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

盗撮は、示談が成立すれば不起訴になる可能性がありますが、被害女性から示談交渉を拒否されることもあるでしょう。今回は、被害者と連絡が途絶したため、贖罪寄付を行いました。被害者支援や加害者側の更生支援等をおこなう団体に寄付をするものです。本件は、贖罪寄付が不起訴処分につながりました。

お客さまからの声

弁護活動により不起訴になる事ができました。

不起訴になる事ができました。ありがとうございます。相手(被害者)の方と連絡がつかずお手数をおかけいたしました。本当にありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ