刑事事件の解決実績

盗撮(条例違反)で逮捕されたが、示談成立で不起訴になった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

商業施設の店舗において、当時15歳の被害女性のスカート内を、運動靴に仕掛けた小型カメラで撮影したとされたケース。目撃者によって取り押さえられ警察に引き渡された。迷惑防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

店舗

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者代理人である保護者と示談交渉を行い、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分となった。

弁護活動

依頼から

1.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

盗撮は、被害者側との示談が成立すれば不起訴になる可能性は高いでしょう。今回は、盗撮の被害者が未成年だったので、その保護者との示談になりました。謝罪を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談が成立したので、不起訴処分となりました。

お客さまからの声

迅速な対応で不起訴となり、仕事に復帰し元気に働いています。

このたびは大変お世話になりました。自分の息子が警察に逮捕されることは想像もしておらず、どうしたら良いのか思案に耽ったところ貴事務所の事をインターネットで知り、お願いしました。迅速に動いていただいた結果、不起訴となったことに家族一同安堵の思いです。今は息子も仕事に復帰し、元気に働いています。本当にありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ