刑事事件の解決実績

複数の未成年者への強制わいせつで逮捕されたが、不起訴になった事例

出口泰我

アトム法律事務所埼玉大宮支部

出口泰我弁護士

自家用車で走行中、窓から手を伸ばして女子中学生の胸を触ったとされた強制わいせつ事案。余罪あり。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

路上

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

あり

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者側に謝罪と賠償を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分となった。

弁護活動

依頼から

3.0か月

出口泰我

出口泰我弁護士

埼玉大宮支部

被害者が複数名の未成年者であり、保護者の被害感情がいずれも強い事案でした。高額な慰謝料の請求を受けましたが、依頼者の希望により相手方の意思に沿う形で示談を成立させ、最終的に不起訴処分となりました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ