刑事事件の解決実績

電車内での盗撮で、示談が成立し不起訴になった事例

岡野武志

アトム法律事務所

岡野武志弁護士

電車内において、ライター型の小型カメラを仕込んだ鞄を、被害者のスカートの下に差入れたとされた盗撮のケース。車内にいた鉄道警察に発見され、警察署に連行された迷惑行為防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

電車

職業

会社役員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者に謝罪と賠償を尽くして示談を締結し、不起訴処分となった。

弁護活動

依頼から

1.5か月

岡野武志

岡野武志弁護士

代表

示談ができれば不起訴が見込まれる事案でしたので、示談の成立を目指す方針をたてました。直接お会いしてお話するのが一番誠意を伝えやすいものですが、今回は、お電話をご希望されたため、電話で示談をしました。どんな手段であっても、謝罪の気持ちをしっかりお伝えして、示談成立を目指します。

お客さまからの声

先生の迅速かつ細かな配慮により不起訴処分になりました。

弁護士~様 この度の件、~弁護士様のご尽力により、不起訴処分となり、私の中で一区切りつけることができました。本当に全てを迅速に対応してくださり、細かな事までご配慮くださり、感謝にたえません。先生にお会いできて本当によかったです。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。今後、このような罪でお世話になることはもう無いとは思いますが、もし弁護士様のお力をお借りする事態となることがあれば、その時は~弁護士様にご相談をさせて頂きたいと考えておりますので、その折はよろしくお願い致します。まだまだ、寒い日が続きますが、今後の~弁護士様のご活躍を祈念して御礼のご挨拶とさせて頂きます。本当にありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ