刑事事件の解決実績

過失運転致死傷で起訴されたが、罰金になった事例

岡野武志

アトム法律事務所

岡野武志弁護士

貨物自動車を運転中、わき見運転により対向車線に車体がはみ出たために、被害者2名が搭乗する普通乗用車に衝突し内1名が骨折したケース。過失運転致傷の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

路上

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

略式

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

なし

最終結果

罰金50万円

被害者にも、シートベルト装着を怠っていた過失があったことなどを主張・立証して検察官と交渉した結果、正式裁判を回避し略式起訴で罰金刑となった。

弁護活動

依頼から

2.5か月

岡野武志

岡野武志弁護士

代表

今後の流れについて不安があり、ご相談に来られました。交通事故では、まずは治療費をはじめとして賠償を尽くすことが肝心です。また、事故状況をうかがったところ、懲役ではなく、罰金が妥当であったため、事情に配慮するように検察官に意見しました。結果として、罰金刑にとどまりました。

お客さまからの声

敷居が高い印象でしたが、話がしやすく親身になってくれました。

この度は、ご縁がありまして刑事事件の処分に関して先生や事務の方に精力的に動いて下さり、何とか満足できた解決方向で、大変感謝しております。当初、無料相談に伺う前は、弁護士事務所と云えば、何だか敷居が高く、気難しい先生なのかと思っていましたが、全くそんな事は感じられず、お話がしやすく、親身になって相談に乗って下さり、先生のお人柄が優しさに満ちあふれておりました。今は事件解決し、感謝の気持ちで一杯です。今迄お付き合い下さりありがとうございました。今後のご活躍をお祈り致します。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ