刑事事件の解決実績

トイレ内での盗撮で、示談が成立し刑事事件化しなかった事例

山下真

アトム法律事務所大阪支部

山下真弁護士

撮影イベントにおいて、会場の男女兼用トイレにカメラをしかけ、盗撮行為を継続的に行っていたとされたケース。刑事事件化前に受任。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

その他

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不送致

既に依頼者と被害者(会場側)との間で示談の内容は決まっていたため、示談書を監修し示談の手続きを代行。事件化せずトラブル解決となった。

弁護活動

依頼から

1.0か月

山下真

山下真弁護士

大阪支部

当事者間で示談の意向があったため、示談条件の確認や、示談書の締結をおこないました。その後、刑事事件として捜査を受けることなく、事件終了となりました。

お客さまからの声

迅速な対応で示談を成立させることができました。

この度お世話になりました。迅速に対応して頂いて早く示談を結ぶことができました。ありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ