刑事事件の解決実績

店舗内での盗撮で同種前科が複数あったが、罰金刑で終了した事例

岡野武志

アトム法律事務所

岡野武志弁護士

店舗内で、被害児童のスカート内をスマートフォンで盗撮したとされるケース。被害児童の母親が犯行を目撃し通報された迷惑行為防止条例違反の事案。同種前科あり。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

店舗

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

略式

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

なし

最終結果

罰金50万円

勾留決定に対する準抗告が認容され、早期釈放を実現。被害者の接触拒否により示談不成立であったが、情状弁護を尽くし略式起訴で罰金刑となった。

弁護活動

依頼から

2.0か月

岡野武志

岡野武志弁護士

代表

保護者の処罰感情が強く、弁護士の接触も拒否されており示談交渉ができない事案でした。依頼者の自供書を作成し、勾留決定に対する準抗告を行ったところ、認容されて早期釈放を実現。事件は略式起訴となり、罰金刑で終了しました。

お客さまからの声

二度目の依頼も事件が解決されて仕事も続けられてます。

この度は二度もお世話になりありがとうございました。事件が解決するまではとても長く感じました。本人も反省しているように思います。会社にもそのまま勤務でき生活面でも不安はありません。本当にいろいろありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ