刑事事件の解決実績

路上痴漢で、示談が成立し一部が不起訴、一部が罰金になった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

交差点において自転車で追い抜きざまに女性の胸を触るなどしたとされたケース。余罪あり。強制わいせつ容疑で逮捕された後、迷惑防止条例違反に罪名変更された事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

路上

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

略式

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

あり

最終結果

罰金50万円

被害者に謝罪と賠償を尽くし、示談が成立した件について不起訴処分を獲得した。示談が成立しなかった件についても情状弁護を尽くし略式起訴となった。

弁護活動

依頼から

5.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

地域によっては「条例違反」相当の痴漢が、より長く身体拘束(勾留)され得る「強制わいせつ」で逮捕される傾向があります。本件も、強制わいせつ容疑で逮捕されましたが、内実は条例違反相当で、勾留の必要性が無いことが明白でした。裁判官にその旨を訴えて勾留を阻止し、早期釈放を実現しました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ