刑事事件の解決実績

電車内での痴漢で逮捕されたが、執行猶予判決を獲得できた事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

電車内において、着衣の上から被害者の乳房に触れる等の痴漢行為をしたとされたケース。駅ホームで被害者に捕まり、駅員へ引き渡された。迷惑防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

電車

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

あり

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

なし

最終結果

懲役6か月,執行猶予3年

裁判官に意見書を提出し勾留を回避し早期釈放を実現。性的嗜好障害の治療を開始し、裁判の場では情状弁護を尽くした結果、執行猶予付き判決を獲得。

弁護活動

依頼から

13.0か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

被害者が示談を拒否したため、厳しい処分も見込まれる事案でした。しかし、クリニックで治療を行い再発防止に努め、反省の意思を示したことから実刑を防ぎ執行猶予判決を獲得しました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ