刑事事件の解決実績

電車内での痴漢で取り調べを受けたが、弁護活動により不起訴になった事例

出口泰我

アトム法律事務所埼玉大宮支部

出口泰我弁護士

電車内において、女子高生の被害者女性に対しスカートの中に手を入れ臀部を直接触ったとされた痴漢のケース。駅で被害者に腕を掴まれ、駅員に引き渡された。迷惑防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

電車

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不送致

被害者に謝罪と賠償を尽くして交渉したところ被害届は出さないという意思が示され、その後刑事手続きが進むことなく事件終了となった。

弁護活動

依頼から

1.0か月

出口泰我

出口泰我弁護士

埼玉大宮支部

被害届提出の有無が分からない事案でしたが、依頼者の強い希望により、被害者と示談交渉を行いました。謝罪を尽くした結果、無事に示談が成立し、刑事事件化せずに終了しました。

お客さまからの声

先生にお願いしてよかったと考えています。

何もわからず不安だったところをLINEでもアドバイス頂き、ありがとうございました。ようやく普通の生活にもどれそうで先生におねがいしてよかった、と考えてます。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ