刑事事件の解決実績

電車内において痴漢行為を行ったが、示談が成立し、不起訴処分となった事例

山下真

アトム法律事務所大阪支部

山下真弁護士

被害者女性に対し着衣の上から臀部に触れる等の行為をしたとされるケース。また同日に別の被害者に対して陰部を押し付ける等の余罪もあった。2件が迷惑防止条例違反として立件された。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

電車

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者2名に謝罪と賠償を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

2.0か月

山下真

山下真弁護士

大阪支部

被害者との示談成立が重要となった案件でした。被害者が複数人であったため、弁護士からそれぞれの被害者に連絡を取り、すべての被害者との示談を成立させることができたこともあり、不起訴処分となったのです。

お客さまからの声

早急な弁護活動のおかげで社会復帰する事ができました。

今回の件では早急な対応のおかげで社会復帰もする事が出来ました。また相手の方へ出向いて頂き、私の変わりに謝罪をして頂いたおかげで示談になりました。他に色々とアドバイスを頂き今後同じあやまちを起さない為の助言なども頂き助かりました。今回、不起訴になったのも早急な弁護活動のおかげと思っています。ありがとうございました。

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ