刑事事件の解決実績

トイレでの痴漢で逮捕されたが、示談が成立して不起訴になった事例

野尻大輔

アトム法律事務所新宿支部

野尻大輔弁護士

ショッピングモールの男子トイレ内において、被害者男性の陰部を触るなどのわいせつ行為に及んだとされるケース。迷惑防止条例違反の事案。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

罪名

場所

店舗

職業

会社員

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

あり

起訴

なし

被害者

あり

勾留

なし

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

検察官に意見書を提出したところ勾留請求が行われず早期釈放が叶った。被害者と示談を締結するなどの情状弁護を尽くし、不起訴処分を獲得した。

弁護活動

依頼から

1.5か月

野尻大輔

野尻大輔弁護士

新宿支部

弁護活動の方針は、早期の釈放と示談締結にありました。まずは送致日に意見書を提出して勾留を回避し、釈放に至ったのです。また、被害者への謝罪と賠償を尽くし、示談を早々に取りまとめました。示談がまとまったことからも不起訴処分となり、前科が付くことを回避できました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ