刑事事件の解決実績

公園で陰茎を露出して児童に見せたが、示談が成立し不起訴になった事例

山下真

アトム法律事務所大阪支部

山下真弁護士

公園内においてズボンのチャックから陰茎を露出させ、被害者児童に見せたとされる公然わいせつの事案。余罪複数あり。

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

場所

公園

職業

学生

※法改正前の事件も同種事件として改正後の罪名を記載

事件の状況

逮捕

なし

起訴

なし

被害者

あり

勾留

-

保釈

-

示談

あり

最終結果

不起訴

被害者代理人である保護者と示談を締結。またメンタルクリニックへの通院治療も開始する等、情状弁護を尽くし不起訴処分となった。

弁護活動

依頼から

3.5か月

山下真

山下真弁護士

大阪支部

公然わいせつは、目撃者との示談で不起訴を目指せる可能性があるでしょう。本件は、目撃した児童が複数名おり、当初は示談を拒否されましたが、継続して謝罪や賠償の意思をお伝えすることで、示談に応じて頂けました。また、病院で、性的嗜好の治療も受けました。結果として、不起訴処分となりました。

全国/24時間/無料相談窓口

今すぐ電話で問合せ