アトム法律事務所弁護士法人グループ

事業レポート(2017年9月期)

新規お問い合わせ

フリーダイヤル

2017年9月度は、フリーダイヤルから合計4,225件の新規お問い合わせをいただきました。

LINE、メールフォーム

LINEやメールフォームからも多数の新規お問い合わせをいただいております。

Facebook

2017年10月1日現在、アトム法律事務所のFacebookに合計4,895名の方から「いいね!」をいただいています。

法律相談協力弁護士との活動

法律相談協力弁護士

群馬県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県から、現在10の弁護士が登録しています。

2017年9月の法律相談

2017年9月度は、一般民事事件、犯罪被害者のご相談について合計102の相談希望者に法律相談協力弁護士をご紹介しました。

解決した事件

交通事故・事故

2017年9月の解決実績

2017年9月度は、滋賀の後遺障害12級の案件、東京の後遺障害14級の案件、京都の後遺障害14級の案件、千葉の後遺障害非該当の案件、福岡の後遺障害非該当の案件など、合計18件の交通事故案件を解決しました。

特記すべき事項

  • 滋賀の後遺障害12級7号認定済みの案件において、労働能力喪失期間が当初の5年から約25年まで延長して認められたことにより、約700万円増額した1,063万円の保険金を受け取りました。
  • 東京の後遺障害14級認定済みの案件において、保険会社との交渉により、約100万円増額した255万円の保険金を受け取りました。

刑事事件

2017年9月の解決実績

2017年9月度は、痴漢事件、強制わいせつ事件、風俗トラブル、大麻取締法違反事件、覚せい剤取締法違反事件、傷害事件、文書偽造事件、過失運転致死傷事件など、合計26の刑事事件案件を解決しました。

特記すべき事項

  • 男性のクライアントが、盗撮目的で女子トイレに立ちいったという建造物侵入の容疑で逮捕・勾留されたケースで、事件を担当した庄司弁護士が勾留の不当性等を訴えた結果、同種前科がありましたが準抗告が認容され、弁護依頼を受けた翌日にクライアントの釈放を実現しました。
  • クライアントが、飲酒して女性に抱きつくなどしたという強制わいせつの容疑で逮捕・勾留されたケースで、事件を担当した射場弁護士が勾留の不当性等を訴えた結果、クライアントは容疑を否認している難しいケースでしたが準抗告が認容され、クライアントの早期釈放につながりました。

クライアントからのお手紙のご紹介

2017年9月にいただいたクライアントからのお手紙の一部をご紹介します。

強盗致傷(20代女性、サービス業)

親身に話を聞いたり熱心に頑張ってくれて、執行猶予にしてもらうことができました。

昨年の9月から今年の6月まで約9か月間、川崎先生をはじめアトム法律事務所の方々に大変お世話になりました。川崎先生は私の勾留中の接見にもすぐに応じて頂き体調の事や相談にも乗ってくださり大変頼りになりました。勾留中の接見時はとても親身になって話を聞いてくださりとても気持ちが楽になりました。本当に感謝しております。
被害者の方にはなかなか示談に応じてくれなかったけれど、川崎先生をはじめ浦田先生、射場先生が熱心に頑張ってくださり執行猶予判決を得ることができました。川崎先生が私の弁護士さんで本当に良かったです。
今後は、家族、川崎先生にお世話になったことを忘れず、生活していきます。本当にお世話になりました。有難うございました。

交通事故被害者(50代女性、主婦)

素人が保険会社と交渉するのは難しく、アトムに相談して示談金が3倍になりました。

最初に主人と一緒に保険会社からの示談金の説明を受けた時、疑問点を質問しましたが、「こういうもの」と言われたらどうしようもなく上積みできたのはせいぜい20万程度でした。
提示された金額が適正なのかどうか分からず話しだけでもと思い、法律事務所に相談することにしました。結果、納得できずにいた問題もすっきり解決して頂き示談金は3倍にもなりました。
アトム法律事務所はわかりやすく説明をして下さり、相談料も明確で安心出来ました。
素人が保険会社と交渉するのはとても難しいものです。アトム法律事務所に相談して本当によかったと思います。

交通事故被害者(50代男性、会社員)

単身赴任先の事故でも、自宅近くで相談できて色々対応してもらい大変助かりました。

平成27年の仕事初めに単身赴任先で交通事故に遭い、入院中及び退院後のリハリビ中にも、加害者側の保険会社担当者との応対で右往左往の日々を送る中で保険会社の対応が悪く、個人での対応に限界を感じ、弁護士さんに依頼する検討し、ネット検索で、アトム法律事務所さんを選び、自宅近くにあった北千住支社へ連絡し、担当弁護士さんと会い、話を伺い依頼することにしました。
再度単身赴任する際リハビリ病院への対応、保険会社への対応、私達では分からない労災書類作成申請、慰謝料の相場など色々なアドバイスを頂き大変助かりました。
本件を担当された北千住支社アトム法律事務所さんスタッフ及び竹原弁護士さんには、感謝しております。

BACK