アトム法律事務所弁護士法人グループ

新聞取材|「毎日新聞」福岡支部の野﨑弁護士が風営法とクラブの関係について解説

nozakiB61

本日、福岡支部の支部長を務める野﨑弁護士が、毎日新聞より取材を受けました。

テーマは、風営法とクラブの関係についてです。
昨今、風営法の適用により摘発されるクラブが増えている一方、深夜のダンス行為を適用対象とする風営法が時代にそぐわないとして、法改正を求める声も上がっています。

こうした背景を踏まえて、現代における風営法とクラブの適合性について、刑事弁護士の立場から解説しました。

直近のメディア出演情報を見る

1 2 3 10

BACK

Googleレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>