アトム法律事務所弁護士法人グループ

ドラマ監修|6月28日放送 フジテレビ金曜プレステージスペシャルドラマ「鬼女」の法律監修を行いました

鬼女ドラマ

鬼女エンドロール


先週金曜日に放送された、フジテレビ 金曜プレステージ スペシャルドラマ『鬼女』の法律監修を、アトム法律事務所が担当しました。

二人の男性の連続不審死。
一見、無関係のこれらの事件の間に一人の女性・三崎真由美(藤山直美)が浮かび上がります。
真由美が手に入れた多額の現金の行先は不明なまま、真由美が、男性達の不審死に関連したとして、詐欺と殺人の容疑で起訴されます。
真由美はフリーライターの野元千明(夏川結衣)に「私はただあの人らに愛されてしもただけや」と語り、無実を主張。
ドラマは、法廷でのやり取りを中心に進み、あっと驚く最後を迎えます。

主人公・三崎真由美役の藤山直美さん、フリーライター役の夏川結衣さん、検察官役の田中美佐子さんはじめ、被害者役の男性陣(岸部一徳さん、近藤芳正さん)など、豪華な役者さんたちによる、見ごたえのある奥の深いドラマでした。

直近のメディア出演情報を見る

1 2 3 10

BACK