アトム法律事務所弁護士法人グループ

雑誌取材|「週刊エコノミスト」岡野弁護士が有罪率99.9%の刑事司法におけるネットの役割について解説しました。

2月20日発売の「週刊エコノミスト 2月28日特大号(毎日新聞出版)」に、アトム法律事務所の岡野弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。

満員電車で痴漢に間違われた場合の対処方法や、逮捕後72時間の重要性などを、弁護士の立場から解説しました。

加えて、他人に相談しにくい刑事事件だからこそ、ネットで簡単にアクセスできる窓口を設けている当所の役割や、有罪率99.9%の日本の刑事司法制度の中で弁護士が果たせる役割についても記載されています。

直近のメディア出演情報を見る

1 2 3 10

BACK

Googleレビュー

159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>