アトム法律事務所弁護士法人グループ

about

アトムについて

HISTORY

アトムの歴史

アトム法律事務所弁護士法人は、2008年9月、東京永田町のオフィス用マンションの一室で、アトム東京法律事務所(当時)として業務をスタートしました。アトム東京法律事務所は、代表弁護士の岡野武志が即独で単身創業した弁護士事務所で、創業時から「刑事専門事務所として刑事事件だけを取り扱う」という明確なコンセプトのもと、一貫して刑事事件だけを取り扱い、弁護士法人化して全国に複数支部を展開するなど、順調な成長を遂げてきました。2015年からは、交通事故・労災事故の被害者側(民事事件)の取り扱いを本格化し、2017年現在は、「交通事故・労災事故と刑事事件に専門特化した弁護士法人」として、24時間365日、全国11事務所体制で業務に当たっています。

ORGANIZATION

アトムの組織図

沿革・組織