交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

むちうちの慰謝料相場はどのくらい?通院期間ごとの金額を大解明

更新日:

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故でむちうちのケガを負ったら、慰謝料をはじめとした損害賠償を事故の相手方に請求することができます。

本記事では「むちうち」と「慰謝料」に焦点をあてて解説していきます。慰謝料を増額する方法はあるのか自分のケースでは慰謝料はきちんともらえるのか等、疑問やお困りごとの解決につながるヒントがあると思います。最後までご覧ください。

むちうちそのものについて詳しく知りたい方はこちらの記事もおすすめです。

むちうちの慰謝料計算方法、整形外科や整骨院の治療内容を解説

目次

法律相談

ご希望される方は

こちら

法律相談

ご希望される方は

こちら

むちうちでもらえる慰謝料の種類

むちうち等の軽傷ケースでも慰謝料がもらえる

むちうち等、交通事故で負ったケガが軽症の場合でも、慰謝料を請求できる可能性があるものは2種類あります。

軽傷でも請求できる慰謝料

  • 入通院慰謝料(別称:傷害慰謝料)
  • 後遺障害慰謝料

慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われる金銭のことです。

軽傷の交通事故慰謝料|金額相場・計算方法は?症状別に解説!

むちうちによる通院で慰謝料がもらえる

むちうち等、交通事故でケガを負ったら「入通院慰謝料」を事故の相手方に請求することができます。入通院慰謝料は、傷害慰謝料とも呼ばれます。

交通事故でケガを負うと、ケガそのものによる痛みで精神的苦痛を感じるのはもちろん、ケガの治療のために入院・通院することで感じる精神的苦痛もあります。

このような交通事故によってケガを負ったことで感じる精神的苦痛を和らげたり、取り除いたりするために慰謝料というお金を請求することができます。ケガが完治しても、完治せず後遺症が残ったとしても、ケガを負った原因が交通事故なのであれば入通院慰謝料はもらえます。

後遺障害なしでも交通事故の慰謝料はもらえる?相場&計算方法

むちうちでも後遺障害認定で慰謝料がもらえる

むちうち等、交通事故で負ったケガが完治せずに後遺症が残ったら、後遺障害等級の認定によって「後遺障害慰謝料」を事故の相手方に請求することができます。

後遺障害が残ると障害そのものによる痛みを感じたり、障害が生活に支障をきたしたり、様々な場面で精神的苦痛を感じることになるでしょう。このような交通事故によるケガを原因として体に残存することになった後遺障害で感じる精神的苦痛を和らげたり、取り除いたりするために慰謝料というお金を請求することができます。

後遺障害慰謝料は、単に後遺症が残ったことで請求できるものではありません。後遺障害等級に認定されることではじめて請求することができるようになります。

後遺障害慰謝料の金額相場は?逸失利益の計算方法や請求の流れも解説

慰謝料以外のお金ももらえる

慰謝料以外にも、交通事故で受けた損害に対する補償としてお金を請求することができます。受け取れるお金の主な内訳は、物損事故と人身事故で分けることができます。

費目
物損事故修理費
買い替え差額
評価損
代車使用料
休車損
登録手続き関係費
人身事故治療費
入通院慰謝料
付添看護費
入院雑費
通院交通費
文書料
診断書発行費
休業損害
後遺障害慰謝料※1
後遺障害逸失利益※1
死亡慰謝料※2
死亡逸失利益※2
など

※1 後遺障害等級に認定された場合に請求可能
※2 死亡した場合に請求可能

交通事故で被った損害に対して請求できる損害賠償の一部が慰謝料であることがわかります。

交通事故の慰謝料は示談金内訳のひとつ!示談金の内訳と慰謝料の増額方法

むちうちによる通院でもらえる慰謝料相場

通院期間ごとの慰謝料

むちうちの治療期間は一般的に1ヶ月~3ヶ月程度要するといわれていますが、むちうちの重さによっては6ヶ月ないしそれ以上の治療期間を要することもあります。

1ヶ月~6ヶ月の通院で最も妥当な金額となる通院でもらえる慰謝料は以下の通りです。弁護士基準では軽傷の場合と重傷の場合で慰謝料の金額が分けられています。

弁護士基準|通院期間ごとの慰謝料

軽傷用重傷用
1ヶ月19万円28万円
2ヶ月36万円52万円
3ヶ月53万円73万円
4ヶ月67万円90万円
5ヶ月79万円105万円
6ヶ月89万円116万円

※ むちうちでは、CTやMRI等の他覚所見があると重傷用の慰謝料が適用されることがある

保険会社が提示してくる金額はこれよりも相当低い金額が予想されます。

通院1日あたりにもらえる慰謝料

通院1日あたりにもらえる慰謝料の金額は算定する基準によって異なりますが、最も妥当な金額が得られるのは弁護士基準による算定です。

たとえば、1ヶ月の間に半分以上通院した場合の1日あたりの入通院慰謝料は3基準ごとでは以下のような金額になります。

  • 自賠責基準:4300円※
  • 任意保険基準:4200円
  • 弁護士基準:重傷9333円、軽傷6333円

※ 2020年3月31日までに発生した事故では4200円

最も高い金額になるのは弁護士基準による算定であることがわかります。

任意保険基準と弁護士基準は月単位で慰謝料の金額が決められているので、1日あたりの金額は日割り計算したものとなっています。

交通事故の慰謝料は通院1日いくら?8600円の真実と通院6ヶ月の相場

むちうちの治療が終了したら慰謝料等を請求できる

むちうちの治療を続けてケガが完治したという場合、示談交渉をはじめることができます。事故の相手方から慰謝料等の示談金が提示されることになるでしょう。保険会社が示談金を提示してきたらその金額が適正なものかどうか弁護士に確認してから示談交渉をはじめることが大切です。

ただし、むちうちが完治せずに後遺症が残ったという場合は治療が終了した時点で示談交渉をはじめるのではなく、まずは後遺障害等級の申請を行いましょう。後遺障害申請の結果が出てから、示談交渉をはじめることになります。

交通事故で通院終了したら何をする?示談金支払いまでの流れを紹介

むちうちによる後遺障害でもらえる慰謝料相場

むちうちが後遺障害14級に認定された

むちうちは後遺障害14級9号に認定される可能性があります。14級9号に認定されると最終的に受け取れる後遺障害慰謝料の金額は、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準それぞれの基準の金額を参考に示談交渉で決められます。

3基準別|14級の後遺障害慰謝料

慰謝料相場
自賠責基準32万円
任意保険基準32万円か少し上乗せした程度
弁護士基準110万円

3基準の中で、最も適切な金額は過去の判例をもとにしている弁護士基準による算定です。

後遺障害14級の症状・認定率は?認定のポイント・慰謝料相場も徹底解説!

むちうちが後遺障害12級に認定された

むちうちは後遺障害12級13号に認定される可能性があります。12級13号に認定されると最終的に受け取れる後遺障害慰謝料の金額は、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準それぞれの基準の金額を参考に示談交渉で決められます。

3基準別|12級の後遺障害慰謝料

慰謝料相場
自賠責基準94万円(93万円)
任意保険基準94万円(93万円)か少し上乗せした程度
弁護士基準290万円

※( )内の金額は2020年3月31日までに発生した事故に適用

3基準の中で、最も適切な金額は過去の判例をもとにしている弁護士基準による算定です。

後遺障害12級の認定をとる方法と認定基準|14級との違いも解説

むちうち慰謝料が増額する計算方法

むちうちで慰謝料増額のカギは弁護士基準

慰謝料が増額するカギは、「弁護士基準」を使って慰謝料を計算することです。加害者側の保険会社が用いる基準は自賠責基準や任意保険基準と呼ばれるもので、弁護士基準よりも相当低い金額になることが予想されます。

弁護士基準は弁護士が示談交渉をする際に用いる基準で、民事裁判でも使われています。慰謝料等の損害賠償額が最も高額になる計算方法であるといえます。

保険会社から提示された金額をうのみにせず、弁護士基準で計算し直して増額の可能性があるか確認することが大切です。

交通事故の慰謝料相場|むちうちの金額が倍増する計算方法をご紹介

自動で簡単に慰謝料を計算する方法

慰謝料等の金額を算定するには、計算式を用いたりするなど計算方法が必要です。計算が苦手だ、計算の過程はいいから金額だけ知りたい、という方は自動で簡単に慰謝料を計算してくれる慰謝料計算機をお使いください。

慰謝料計算機を使ってみたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

交通事故の慰謝料計算機|示談前に確認できる簡単計算ツールをご紹介

むちうちの慰謝料に関するQ&A

むちうちの原因が追突事故でも慰謝料はもらえる?

むちうちの原因が追突事故でも、交通事故でケガをしたのですから慰謝料を請求することができます。

むちうちは追突等、事故の衝撃で外から強い力が加わることで首がまるでムチを打ったようにしなり、首周辺の神経や組織が傷つくことで痛みやしびれが起こります。

追突事故の慰謝料はいったいどれくらいになるのか、交通事故の事例から慰謝料の相場を知っておくことは大切です。

追突事故の慰謝料はいくらもらった?事例と金額相場を知る

むちうちだからと軽視して通院をおろそかにしたら慰謝料減額?

むちうち程度だからと軽く見て、仕事や家事が忙しいことを理由に適切な通院を続けないと、治療期間が短い・通院日数が少ないとして慰謝料が減額される可能性が高くなってしまいます。

適正な慰謝料をもらうには、医師とどのくらいの頻度で通院を続けるか相談しながら通院することをおすすめします。

慰謝料が少ない理由|交通事故被害者が適正な金額をもらうには?

むちうちの治療で120万円超えたらどうなる?

むちうちでも交通事故で被った損害が、自賠責保険の上限額である120万円を超えてくる可能性は十分にあります。

120万円を超えた分は、事故の相手方が任意保険に入っている場合はその任意保険会社に対して請求します。一方、事故の相手方が任意保険に入っていない場合は加害者本人に対して請求します。

交通事故慰謝料が120万を超えたらどうなる?|自賠責保険の限度額や慰謝料の仕組みを解説

むちうちの治療で整骨院に行っても慰謝料はもらえる?

整骨院への通院でも慰謝料を請求することはできます。ただし、整骨院に行く前には病院で医師から許可を得ておくことが大切です。

病院でかかった治療費は原則として賠償の対象となり、慰謝料についても病院での治療期間から算定されるため、特に揉める要素は少なくなるでしょう。一方、整骨院での治療は、治療費や慰謝料の支払いに関して保険会社と争いになりやすいです。

整骨院へ通院する場合は整骨院での施術が有効性・必要性があることを証明するために、医師からの指示をもらうようにするようにしましょう。

交通事故の通院治療を整骨院で行っても慰謝料はもらえます!慰謝料計算方法を解説

むちうちのリハビリも慰謝料の対象?

むちうちのリハビリも慰謝料の対象になります。リハビリは、日常生活へスムーズに復帰するために必要な治療の一環です。

ただし、これ以上治療を続けても症状の大幅な改善が見込めないと判断される症状固定となった後のリハビリでは原則として治療に対する慰謝料を請求することができません。

症状固定後もやむを得ない事情で定期的なリハビリが必要である場合には、症状固定後も慰謝料や賠償金がもらえるように弁護士に相談することをおすすめします。

交通事故慰謝料はリハビリでももらえる?計算方法と通院の注意点5つ

むちうちを理由に治療費が打ち切られても通院を続けるべき?

「むちうちだと大体3ヶ月程度で治療が終わるので治療費の支払いを打ち切ります。」等と言って、保険会社が一方的に通知してくることも少なくありません。

治療費の打ち切りを打診されたことは治療の終了時期とは関係ありません。治療をつづけるか、終了するかは、医師の判断のもと決められるべきものです。

治療がまだ必要なのに治療費が打ち切られたことを理由して治療をやめないでください。治療が必要なのであれば、ご自身の人身傷害保険を利用したり、健康保険を使って治療費の自己負担額を減らしたりして、治療を続けるようにしてください。

むちうちを理由に治療費が打ち切られても通院を続けるべき?

事故であとからむちうちの痛みが出てきたらどうする?

事故であとからむちうちの痛みが出てきたら、早急に整形外科を受診するようにしましょう。

あとから痛みがでる原因として代表的なのがむちうちです。事故直後にはなにも感じなくても、あとから段々と首の痛み・手足のしびれ・頭痛・吐き気・めまい等が起こったらむちうちが疑われます。

事故直後は目立った外傷や痛みを感じなかったとしても、念のため病院を受診しておくことが大切です。

交通事故であとから痛みが出てきたらどうする?すべき手続きと慰謝料について解説

むちうちは毎日通院した方が慰謝料は増える?

毎日通院した方がいいかは症状に応じて変わるのここでは明言しにくいです。

ただし慰謝料を少しでも多くもらうために毎日通院しようと考えているのであれば、答えは「ノー」と言わざるを得ません。治療に対する慰謝料の金額は、入院や通院の時間の長さに比例して増え続けるわけではないからです。

慰謝料の増額を狙って毎日通院することには、まったく意味がありません。

交通事故にあったら毎日通院した方がいい?慰謝料の観点から弁護士がお答え

むちうちでも弁護士に相談してみる

むちうちでも弁護士に依頼して慰謝料が増額

弁護士に依頼することで交通事故の慰謝料は増額できる可能性が高いです。弁護士が示談交渉に介入することで弁護士基準による算定が実現できるようになるからです。

弁護士基準は事故の被害者が本来受け取るべき金額の基準ともいえるのですが、任意保険会社が提示する金額は本来受け取れる金額よりも相当低いものが予想されます。

保険会社が提示する金額を鵜呑みにせず、どのくらい増額の可能性があるのか一度弁護士に相談してみることをおすすめします。

交通事故慰謝料って増額できる?弁護士への依頼で増額した実例5選

むちうちでも弁護士費用特約を利用できる

加入する任意保険に弁護士費用特約が付いていれば、上限はあるものの弁護士費用を自己負担することなく弁護士に示談交渉を依頼することができます。むちうち等の軽傷ケースであっても利用可能です。

むちうちは追突事故等の被害者に過失が全くないケースで起こることも多いです。過失割合がゼロだと、ご自身が加入する保険会社は示談交渉等の代行をしてくれません。

事故にあったら弁護士費用特約があるかまずはご確認ください。

交通事故の弁護士特約をむちうちのケースで利用すべき3つの理由

まとめ

交通事故でむちうちのケガを負ったら治療で受けた精神的苦痛の補償として入通院慰謝料、ケガが完治せず後遺障害に認定されたらその補償として後遺障害慰謝料を請求することがわかりました。

むちうち程度だからと治療をおろそかにするのでなく、医師と相談のうえ治療を継続するようにしましょう。適切な頻度の通院は、適正な金額の慰謝料を得るためのポイントのひとつです。

保険会社から提示を受けた金額は適正な金額よりも低くなることが予想されるので、むちうちで軽傷ケースだから大した金額にならないだろう等とは思わずに一度弁護士に相談してみてください。軽傷でも場合によっては大幅な増額が見込めるケースもあります。ご自身だけの判断ではなく、交通事故の示談交渉にくわしい弁護士に増額の見込みを確認してみることが大切です。

代表弁護士岡野武志

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点

あわせて読みたい記事

全ての記事を見る