むちうちの慰謝料相場はどのくらい?通院期間ごとの金額を大解明

更新日:

新たに改正民法が施行されました。交通事故の損害賠償請求権に関するルールに変更があります。

交通事故でむちうちのケガを負ったら、慰謝料をはじめとした損害賠償金を事故の相手方に請求することができます。

本記事では「むちうち」と「慰謝料」に焦点をあてて解説していきます。慰謝料の相場はいくらなのか、適正額をもらうためのポイントは何なのか等、疑問やお困りごとの解決につながるヒントがあると思います。最後までご覧ください。

むちうちの症状や通院先などに関することは、別記事『交通事故によるむちうちの症状と慰謝料相場|治療・通院の注意点』で解説しています。

むちうちでもらえる慰謝料の種類

むちうちの慰謝料(1)入通院慰謝料

入通院慰謝料とは、交通事故によるケガや入通院で生じる精神的苦痛を補償するもので、入院や通院をしていれば請求できます。

補償される精神的苦痛の例

  • ケガで痛い思いをした
  • 治療で怖い思いや苦しい思いをした
  • 治療で時間的・身体的拘束が生れて不便を感じた

なお、入通院慰謝料は通院日数や治療期間をもとに計算されます。
リハビリも入通院慰謝料の対象となりますが、内容や頻度によっては減額の恐れもあります。

交通事故でリハビリする際の注意点は『交通事故の慰謝料はリハビリでももらえる!計算方法と通院の注意点7つ』にまとめているので、事前に確認しておくことがおすすめです。

その他、慰謝料に関して治療中に注意すべきことは、本記事中「むちうちの慰謝料請求のポイント|治療中」で解説しているので、確認してみてください。

むちうちの慰謝料(2)後遺障害慰謝料

むちうちによって後遺症が残った場合は、入通院慰謝料に加えて後遺障害慰謝料も請求できます。

後遺障害慰謝料は、後遺障害が残ったことで生じる精神的苦痛を補償するものです。

ただし、以下の点には注意しましょう。

  • 後遺障害慰謝料を請求するには、後遺障害等級に認定されていることが必要
  • 後遺障害等級は審査機関による審査によって認定される
  • たとえ後遺症が残っていても、後遺障害等級が認定されるとは限らない

むちうちの場合に残ることのあるしびれや痛みに対しても、後遺障害等級が認定され可能性があります。

軽い後遺症だから等級には認定されないだろうと決めつけず、審査を受けてみましょう。

審査の受け方はこちら

交通事故の後遺障害認定|認定の確率を上げるポイントと手続きを解説

後遺障害等級が認定されると、後遺障害慰謝料だけでなく「逸失利益」も請求できるようになります。
逸失利益とは、後遺障害の影響で減ってしまう生涯収入に対する補償です。

詳しくはこちら▶後遺障害慰謝料の金額相場は?逸失利益の計算方法や請求の流れも解説

交通事故の慰謝料には3つの相場がある

むちうちで請求できる慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があることを解説してきました。

続いてこれらの慰謝料の相場を解説していきますが、その前に、「交通事故の慰謝料には3つの相場がある」ということを理解しておいてください。

実は、交通事故の慰謝料には3つの算定基準があり、同じ慰謝料でもどの算定基準を用いるかによって相場が変わってくるのです。

3つの算定基準

  • 自賠責基準
    • 交通事故被害者に補償される最低限の金額がわかる算定基準
    • 自賠責基準での計算方法は、国によって定められている
  • 任意保険基準
    • 各任意保険会社が独自に定めている算定基準
    • 計算方法は各社で異なり非公開
    • 自賠責基準と同じくらいか少し高い程度の金額であることが多い
  • 弁護士基準
    • 過去の判例に基づく相場額がわかる算定基準
    • 弁護士や裁判所が用いる基準であり、法的正当性が高い
    • 3基準の中でもっとも高額で、任意保険基準の2~3倍程度
慰謝料金額相場の3基準比較

実際に受け取れる慰謝料額は、基本的には相手方任意保険会社との示談交渉で決められます。

このとき、相手方任意保険会社は自賠責基準や任意保険基準の金額を提示してきますが、本来被害者が受け取るべき正当な金額は、弁護士基準に沿ったものです。

相手方の提示額を鵜呑みにするのではなく、弁護士基準の金額獲得を目指して交渉することが重要です。

慰謝料増額を成功させるには?▶交通事故慰謝料って増額できる?

むちうちでもらえる入通院慰謝料の相場

入通院慰謝料は通院期間で決まる

入通院慰謝料は、通院期間や通院日数をもとに、次のように計算されます。

  • 自賠責基準
    • 日額4300円として、「治療期間」または「実際に治療した日数×2」のうち少ない方をかける
    • 2020年3月31日までに発生した事故の場合は日額4200円
  • 任意保険基準
    • 各社で異なり非公開なので、ここでは割愛
  • 弁護士基準
    • 治療期間(通院月数・入院月数)別の金額をまとめた算定表から算定する
    • 表には軽傷用と重傷用があるが、むちうちでは軽傷用を用いる

なお、基本的には治療期間とは初診日~治療終了日のことを指し、実際に治療した日数とは入院や通院をした日数のことを指します。

ただし、次のようなケースもあるので、心当たりがある場合は弁護士に詳しく尋ねてみることをすすめします。

  • 自宅療養期間や入院待期期間は「入院」としてカウントされる場合がある
  • やむを得ない事情で入通院を短縮した場合は、事情が考慮される場合がある
  • 通院頻度が低い場合には、慰謝料が減額される場合がある

ここまでの内容を詳しく解説

後遺障害なしでも交通事故の慰謝料はもらえる?相場&計算方法

通院期間ごとの慰謝料一覧

では、弁護士基準におけるむちうちの入通院慰謝料の相場を見てみましょう。

むちうちの治療期間は一般的に1ヶ月~3ヶ月程度といわれていますが、症状の重さによっては6ヶ月ないしそれ以上の治療期間を要することもあります。

ケガがむちうちのみの場合は入院しないことが多いので、ここでは入院0ヶ月、通院1~6ヶ月の金額をまとめています。

弁護士基準|通院期間ごとの慰謝料

軽傷用重傷用
1ヶ月19万円28万円
2ヶ月36万円52万円
3ヶ月53万円73万円
4ヶ月67万円90万円
5ヶ月79万円105万円
6ヶ月89万円116万円

※ むちうちでは、CTやMRI等の他覚所見があると重傷用の慰謝料が適用されることがある

各通院月数別の解説記事は以下にまとめているので、合わせて確認してみてください。治療中の注意点や、治療後の流れについて解説しています。

他にもケガがあるなら

打撲・擦り傷・かすり傷・捻挫といったケガの症状別に慰謝料を解説

入通院慰謝料のよくある勘違いを解説

すでに見てきた通り、入通院慰謝料には次のような特徴があります。

  • 治療期間や治療日数から金額が計算される
  • 通院頻度が低ければ慰謝料は減額される恐れがある

こうした仕組みから生じる入通院慰謝料に関する疑問について2つ、お答えします。

【疑問1】たくさん通院すればするほど、入通院慰謝料は高額になる?

【回答】そうではありません。

法的正当性の高い弁護士基準では、入通院慰謝料は基本的に治療期間から算定します。
そのため、同じ治療期間なら毎日通院しても数日に1回通院しても、金額は変わりません。

むしろ、毎日通院することで過剰診療を疑われ、慰謝料が減額される恐れもあるので、必要以上に通院することはおすすめしません。

毎日通院より大切なことがある:交通事故にあったら毎日通院した方がいい?

【疑問】医師の指示で通院頻度が少なくなった。それでも慰謝料が減額されるのは仕方がない?

【回答】事情が考慮される可能性があります。

治療の性質上、医師の指示により実際に通院する頻度が低くなってしまうことはありますが、このような場合は事情が考慮される可能性があります。

ただし、どの程度事情を汲んでもらえるかは交渉次第であり、その点をめぐって相手方と争いになる可能性もあります。弁護士に相談しておいた方が安心でしょう。

通院日数が少ない場合に読みたい:通院日数が少ない場合でも交通事故の慰謝料を適正額で獲得する方法

むちうちによる後遺障害慰謝料の相場

むちうちの後遺障害慰謝料の相場

後遺障害慰謝料は、認定された後遺障害等級に応じて金額が決まります。
後遺障害等級には1級~14級がありますが、むちうちの場合は14級9号または12級13号に認定される可能性があり、後遺障害慰謝料額は以下の通りです。

なお、任意保険基準の金額は各社で異なり非公開なのでここでは割愛しています。

慰謝料相場
12級 自賠責基準:94万円*
弁護士基準:290万円
14級自賠責基準:32万円
弁護士基準:110万円

*2020年3月31日までの事故の場合は93万円

後遺障害12級に認定されるか、14級に認定されるかの違いは、「他覚所見によって後遺症の存在・程度を証明できるか」がポイントとなります。

12級と14級の違い

  • 12級:他覚所見(MRI画像やCT画像、レントゲン写真など)から、後遺症が残っていると判断できる
  • 14級:他覚所見はないが、神経学的検査(患部に刺激を与える検査)から後遺症の残存が説明・推定できる

上で紹介した後遺障害慰謝料額を見てもわかる通り、後遺障害12級に認定されるのか14級に認定されるのかで、後遺障害慰謝料の金額は大きく変わります。

以下の記事では12級・14級に認定されるためのポイントや、慰謝料増額事例を紹介しているので、合わせて読んでみてください。

むちうちの慰謝料請求のポイント|治療中

整骨院に通いたくてもまずは病院へ行く

とくにむちうちの場合、整骨院で施術を受けたいという方も多いです。
整骨院へ通院した場合でも治療費や入通院慰謝料は請求できるので、安心してください。

ただし、整骨院は病院ではないため、以下の点を守って通院しなければ、もらえる治療費や慰謝料が少なくなる可能性があります。

  • まずは病院の整形外科で診察を受ける
  • 病院の医師から整骨院通院の許可をもらう
  • 整骨院に通院しながら病院への通院も続ける

はじめから整骨院に通う、通院は整骨院一本にするといったことは避けるようにしましょう。

治療中の段階で慰謝料減額の要因を作ってしまうと、のちの示談交渉でいくら頑張っても挽回は難しくなってしまいます。

上記の点については以下の記事でより詳しく解説しているので、整骨院に通いたい場合は一度きちんと確認しておくことをおすすめします。

詳しくはこちら

交通事故の治療を整骨院で受けても慰謝料はもらえる|慰謝料の計算と注意点

あとから症状が出てきたら適切に手続きする

むちうちは、事故から数日後に症状が出てくることもあります。
痛みやしびれ、頭痛、吐き気、めまいといった症状が出てきたら、事故とは関係ないと決めつけずに早急に整形外科を受診してください。

なお、あとから症状が出てきた場合のポイントは以下の通りです。

  • 速やかに受診する。交通事故から初診までの期間があくと、事故と症状との関連が証明しにくくなってしまう。
  • 受診後は診断書をもらい、警察に提出して人身事故扱いに変更してもらう。
    ※すでに別のケガの診断書を提出している場合は、警察への診断書再提出は不要

もっと詳しく

交通事故であとから痛みが出てきたらどうする?すべき手続きと慰謝料について解説

治療は完治または症状固定まで続ける

治療は、完治または症状固定まで続けましょう。
相手方保険会社から「そろそろ治療が終わる頃なので治療費の支払いを打ち切ります」などと言われることもありますが、これに従い治療を中断すると、以下のようなデメリットが生じます。

  • 治療期間が短くなる分、入通院慰謝料が低額になる
  • 後遺症が残っても後遺障害等級が認定されにくく、後遺障害慰謝料・逸失利益がもらえない可能性が高まる

相手方保険会社から治療費打ち切りの打診を受けた場合は、打ち切り延長を交渉しましょう。
それでも治療費が打ち切られてしまったら、被害者側で費用を立て替えて治療を継続し、あとから治療費を相手方に請求することになります。

むちうちの場合、平均治療期間である3ヶ月を超えると治療費打ち切りを打診されやすいです。

治療が長引きそうな場合は、以下の記事から詳しい対処法や自費治療のポイントを確認しておいてください。

詳しくはこちら

むちうちの慰謝料請求のポイント|示談交渉

慰謝料・損害賠償請求は損害が確定してから

慰謝料・損害賠償請求は基本的に示談交渉を通しておこないます。

この示談交渉は、交通事故の損害が確定してからおこないましょう。

示談交渉開始のタイミング

交通事故の損害が確定してから

  • 後遺症が残らなかった場合:治療終了後
  • 後遺症が残った場合:後遺障害等級の認定審査が終わってから

※物損に関する費目についてだけ、先に示談交渉する場合もあります。

基本的に、一度示談が成立してしまうとあとから追加の賠償請求はできません。

そのため、すべての損害が確定してから示談交渉を始めることが非常に重要なのです。

なお、損害確定~示談開始までの間には、以下のような示談準備を進めておきましょう。

  • 適切な示談金額を算定しておく
    • 相手方が提示してくる示談金額が正しいとは限らないので、被害者側で正しい金額を確認しておく
    • 特に慰謝料は、弁護士基準で計算すると相手方の提示額より大幅に高額な場合がある▶むちうちの金額が倍増する計算方法をご紹介
  • 示談交渉で必要な書類を集めておく

示談準備に入る前に読みたい

交通事故で通院終了したら何をする?示談金支払いまでの流れを紹介

正しい示談金額はさまざまな事情を柔軟に考慮しながら算定されるので、厳密な金額は弁護士に尋ねることがおすすめです。

弁護士に依頼すれば、必要書類の用意や交渉の対策、交渉の代理も任せられます。

弁護士費用は実質無料にできる▶交通事故の弁護士費用特約とは?

慰謝料以外の費目ももれなく請求する

この記事ではむちうちで請求できる慰謝料について解説してきましたが、むちうちで請求できるのは慰謝料だけではありません。

他にも損害の内容に応じて次のような費目を請求できるので、請求漏れのないようによく確認してください。

費目
物損事故修理費
買い替え差額
評価損
代車使用料
休車損
登録手続き関係費
人身事故治療費
入通院慰謝料
付添看護費
入院雑費
通院交通費
文書料
診断書発行費
休業損害
後遺障害慰謝料※1
後遺障害逸失利益※1
死亡慰謝料※2
死亡逸失利益※2
など

※1 後遺障害等級に認定された場合に請求可能
※2 死亡した場合に請求可能

慰謝料は、あくまでも交通事故で請求できる損害賠償金(示談金)の一部にすぎません。
他にどんな費目が請求できるのかは具体的な被害内容によっても異なるので、よく確認しておきましょう。

各費目を詳しく知りたい

過失割合0でも油断はできない

むちうちを負った原因が追突事故のようなもらい事故であった場合、被害者側の過失割合は基本的に0となります。

過失割合とは

交通事故が起きた責任が、加害者側と被害者側それぞれにどれくらいあるかを割合で示したもの。

自身についた過失割合分、示談金が減額される。(過失相殺)

被害者側の過失割合が0ならば示談交渉も被害者側に有利に進むのではと思われがちですが、そうとも限りません。

被害者側の過失割合が0の場合には、以下のような点に気を付ける必要があるのです。

  • 相手方保険会社の提示額は低いことが多いので、被害者側の過失割合が0でも増額交渉は必要
  • 過失相殺が適用されない分、相手方保険会社は厳しい態度で交渉してくる可能性がある
  • 被害者側の過失が0の場合、自身の保険の示談代行サービスは使えないので、被害者自身で示談交渉する必要がある

また、もらい事故でも過失割合について相手方ともめたり、過失相殺以外の理由で慰謝料が減額されたりすることもあります。

もらい事故にあった場合はもらい事故ならではの注意点を踏まえたうえで示談交渉に臨むことが重要です。

もらい事故の注意点を詳しく

もらい事故の慰謝料はいくら?もらい事故特有の注意点と慰謝料の計算・相場

傷害分の費目が120万円を超えると交渉が厳しくなりがち

示談交渉は、傷害分の費目(治療費や入通院慰謝料、休業損害)が合わせて120万円を超えると厳しくなってくる傾向にあります。

交通事故の示談金は、相手方の自賠責保険と任意保険から支払われます。
治療費・入通院慰謝料・休業損害といった傷害分の費目であれば、120万円までは相手方自賠責保険から、それ以上の金額は相手方任意保険から支払われるのです。

つまり、示談金が120万円を超えれば超えるほど、示談交渉相手である相手方任意保険の負担額が多くなってしまいます。

任意の自動車保険と自賠責保険の関係

よって、むちうちの治療費や入通院慰謝料、休業損害が120万円を超えてくると、示談交渉での相手の態度が厳しくなる傾向にあるのです。

むちうちのような軽傷であっても、示談金が自賠責保険の支払い上限額を超えることはあります。

この場合はより一層示談交渉が厳しくなる可能性があるので、弁護士に相談してアドバイスを聞いたり、示談交渉を弁護士に依頼したりするなどの対策が必要でしょう。

もっと詳しく

ほかの費目における自賠責保険の支払い上限額や、上限額を超えた場合のポイントについて解説
交通事故慰謝料が120万を超えたらどうなる?自賠責保険の限度額や請求方法を解説

むちうちでも弁護士に相談するべき理由2つ

(1)むちうちでも慰謝料増額の可能性がある

すでに本記事中で解説したように、相手方保険会社は任意保険基準や自賠責基準にのっとった、低額な慰謝料を提示してきます。

被害者が本来受け取るべきなのは、任意保険基準の2倍~3倍程度高額な弁護士基準の金額ですが、専門知識や資格を持たない被害者が大幅な増額を求めても、十分に応じてもらえることはほぼありません。

増額交渉(弁護士なし)

しかし、弁護士を立てて交渉すれば、次の理由から慰謝料の大幅増額が見込めます。

  • 専門知識と資格を持つ弁護士の主張なら、相手方も無下にはしにくい
  • 弁護士が出てくると相手方は裁判への発展を恐れ、態度を軟化させる傾向にある

実際、アトム法律事務所のご依頼者様からも以下のようなお声をいただいております。

(略)結果についても、こちらに有利な条件を生かし、弁護士基準でのしっかりとした保障を受けられることになり、満足しております。

本当にありがとうございました。

アトム法律事務所ご依頼者様からのお手紙

弁護士を立てれば、被害者自身では実現できない大幅な増額も期待できるので、まずは弁護士相談をしてみて、獲得が見込める金額を確かめてみてください。

弁護士による増額事例

(2)実質無料で弁護士を立てる方法がある

  • 慰謝料が増額しても、弁護士費用を差し引くとあまり意味がないのでは?
  • 弁護士を立てるための費用をすぐには用意できない

上記のような不安がある方も、安心してください。

自身の加入する任意保険に弁護士費用特約が付いていれば、上限はあるものの弁護士費用を保険会社に負担してもらえます。

これを利用すれば、実質無料で弁護士を立てられるので、上記のような心配も不要です。

弁護士費用特約

詳しくはこちら▶交通事故の弁護士特約をむちうちのケースで利用すべき3つの理由

なお、自身の保険に弁護士費用特約が付いていない場合は、相談料・着手金が無料の事務所を選ぶと費用の負担が減らせます。

示談金獲得後の成功報酬は発生しますが、示談金獲得前に支払う相談料・着手金は0円なので、すぐにまとまったお金が用意できなくても安心です。

アトム法律事務所では、人身事故について相談料・着手金が無料となっています。
もちろん弁護士費用特約を利用してのご利用も可能なので、まずは電話・LINEからお気軽にご連絡ください。

あわせて読みたい記事
主婦でも慰謝料を請求できる|計算方法や知っておくべき情報を紹介
主婦でも慰謝料を請求できる|計算方法や知っておくべき情報を紹介
通院でもらえる慰謝料は?慰謝料相場の一覧表や適正な金額をもらうためのポイント
通院でもらえる慰謝料は?慰謝料相場の一覧表や適正な金額をもらうためのポイント
通院5ヶ月|交通事故の慰謝料計算!むちうちの注意点も紹介
通院5ヶ月|交通事故の慰謝料計算!むちうちの注意点も紹介
むちうちが完治しない…これって後遺障害?慰謝料相場を紹介
むちうちが完治しない…これって後遺障害?慰謝料相場を紹介
腰椎捻挫の慰謝料はいくら?後遺障害等級は14級になる?
腰椎捻挫の慰謝料はいくら?後遺障害等級は14級になる?
交通事故の治療を整骨院で受けても慰謝料はもらえる|慰謝料の計算と注意点
交通事故の治療を整骨院で受けても慰謝料はもらえる|慰謝料の計算と注意点
交通事故によるむちうちの症状と慰謝料相場|治療・通院の注意点も解説
交通事故によるむちうちの症状と慰謝料相場|治療・通院の注意点も解説
交通事故で入院した場合の慰謝料|被害者が請求できる費用を解説
交通事故で入院した場合の慰謝料|被害者が請求できる費用を解説
全ての記事を見る

突然生じる事故や事件に、
地元の弁護士が即座に対応することで
ご相談者と社会に安心と希望を提供したい。