交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

相談・お問い合わせ

会社の破産について

会社の破産をするべきかどうかお悩みの方へ。膨らんだ負債の返済が苦しい、会社を清算して負債も処理したいなどとお悩みではありませんか。

会社の破産手続の進め方について、アトム法律事務所の弁護士が解説します。

会社の破産とは

会社の経営者の方にとって、会社を倒産(破産)させるということは容易な決断ではないと思います。これまで働き経営に携わってきたことによる思い入れがあり、取引先や授業員等様々な関係者に関わることでもあります。

私的整理や民事再生等の手続きにより、会社を再建する手段の方が適切な場合もあります。

しかし、あらゆる手段を検討しても膨らんだ負債の返済に苦しみ、これ以上は事業を継続して返済を続けていくことが困難だとお考えになった場合、最後は破産の手続きによることになります。おつらい決断だとは思いますが、負債や会社を清算させ、経営者や従業員の方達は再出発を図ることになります。

会社の破産手続の概要1(申立前)

弁護士の方でご事情を伺い、決算書などの資料の確認、負債や資産などの調査を行い、破産手続を進めていくことで問題がないかを検討します。

弁護士の作成した受任通知を各債権者に発送すれば、取立てや督促等は止まります。もっとも、まだ事業を継続されており、いきなり受任通知を送ると問い合わせが殺到するなどして混乱が生じる恐れがある場合は、受任通知をすぐに送ることは差し控えます。

破産の申立書や債権者一覧表など必要書類を取り揃え、裁判所に破産の申立てを行います。

経営者の方が会社の債務について連帯保証をしている場合、会社と併せて経営者の方自身の保証債務をも清算するため、会社と同時に破産の申立てを行うことが多いです。個人の破産については、別の記事でご説明します。

会社の破産手続の概要2(申立後)

裁判所に破産の申立てを行うと、裁判所から破産管財人が選任され、破産管財人に各資料の引き継ぎを行います。

破産管財人から資料の提出や事情の説明の要請があれば、申し立てた側が対応することになります。通常は、申立代理人である弁護士が対応します。

その他各債権者への説明、財産の換価や配当などの手続きを経て、裁判所が手続きを終了させ、会社の法人格も消滅することになります。

弁護士に相談するメリット

会社の破産手続は複雑ですので、裁判所に破産の申立てを行う際は弁護士がお手伝いすることになります。決算書等の資料の確認、負債や資産の調査など、破産の申立てを行うための準備を進めて参ります。

弁護士から各債権者へ受任通知を送れば、取立てや督促は止まります

破産の申立て後も、破産管財人などとやりとりを代わって行い、手続きの進行をお手伝いします。

会社の破産のお悩みを弁護士に無料相談

借金・会社の破産のお悩みは、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

借金・会社の破産のお悩みを弁護士に無料相談

電話・メールでのお問い合わせを24時間・全国対応で受付中です。

借金問題の無料相談窓口

借金ローンの状況を今すぐ連絡

借金ローンの状況を今すぐ連絡

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>
相談・お問い合わせ