交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

会社の民事再生について

民事再生のご利用を検討されている会社経営者の方へ。膨らんだ負債の返済に困っている、しかし破産はしたくないなどとお困りではありませんか。

民事再生をはじめとする破産、倒産関係の事案を扱うアトム法律事務所の弁護士が会社の民事再生手続きについて解説します。

会社の民事再生とは

会社についても、民事再生手続きを利用することができます。破産だと、基本的には従業員は全て解雇し、会社自体も清算することになりますが、民事再生だと違います。民事再生の場合、会社の経営を再建し可能な範囲で返済を続けていくための再生計画を作成し、債権者や裁判所の認可を得られれば、従業員の雇用や会社経営を維持することができます。

会社の民事再生手続の概要1(申立前)

民事再生の手続きを進めていく上では、会社の経営を再建できるという再生計画を作成する必要があります。そもそも会社を再建できないとなると、破産手続しか選択肢がなくなってしまいます。

不採算部門の整理や経費の削減等を行い、営業利益の黒字化を実現し、各債権者に対する継続的な返済を行うことができる再生計画を立てます。その内容を裁判所や債権者に認めてもらえれば、負債の大幅な圧縮や分割払いを図ることができます。

まずは会社の民事再生を進めていくことができるかどうか弁護士にご相談してください。進めていくことができるとなれば、申立書や債権者一覧表などの必要資料の作成や準備を進め、裁判所に会社の民事再生を申立てることになります。

会社の民事再生手続の概要2(申立後)

会社の民事再生を裁判所に申立てた後は、取引先債権者や従業員達への説明、裁判所から選任された監督委員との面談、債権の調査手続きなど、様々な手続きが進んでいきます。終了までの目安は約6ヶ月ほどですが、事案によってはさらに長くかかることもあります。

最終的に、会社を再建するための再生計画について債権者集会からの了承が得られ、裁判所からも認可されれば、負債の圧縮や事業の継続を前提とした再生計画を実行していくことになります。

弁護士に相談するメリットは?

そもそも、民事再生手続を進めていくことができる状況なのかどうかの判断を、弁護士とご相談していただくことになります。

民事再生を進めていくとなれば、申立書や決算書類など必要書類の作成や準備を弁護士がお手伝いをします。裁判所に申立をすれば、各債権者からの取立てや督促も止まります

申立後も取引先債権者や各債権者、裁判所から選任された監督委員など様々な関係者への説明や資料の提出など求められますので、民事再生手続きに精通した弁護士のサポートが必要となります。

民事再生のお悩みを弁護士に無料相談

借金・民事再生のお悩みは、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

借金・民事再生のお悩みを弁護士に無料相談

電話・メールでのお問い合わせを24時間・全国対応で受付中です。

借金問題の無料相談窓口

借金ローンの状況を今すぐ連絡

借金ローンの状況を今すぐ連絡

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>