交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

相談・お問い合わせ

治療打ち切りのお悩みを解決したい方

交通事故の被害に遭い、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われてしまった方へ。保険会社の判断が必ずしも正しいわけではありません。

弁護士にサポートを依頼し、適切な治療の継続や慰謝料の請求を目指しましょう。

保険会社から「治療打ち切り」と言われたら

速やかに弁護士にご相談されることをお勧めします。返答が曖昧なまま時間が経過してしまうと、こちらはいいと言ったつもりがなくても一方的に治療費の支払いを打ち切られ、治療費が自己負担になってしまいます。

また、治療費の支払いを打ち切られるとその時点で治療が終わったとされて、請求できる慰謝料の金額が相当下がってしまったり、後遺障害の認定も受けづらくなってしまうことがあります。

治療を続けたい場合はどうする?

弁護士にご依頼をされて、治療費の支払いを継続するよう保険会社と交渉をしてもらうことが望ましいです。

具体的なお怪我の内容や治療状況、医師の意見など踏まえて、少しでも治療費の支払いを継続するよう交渉を進めていきます。

どうしても保険会社が治療費の支払いの継続に応じない場合は、健康保険を使って(3割負担になります)一度治療費をご自身で立て替えて支払い、慰謝料等を含めた示談交渉の際に再度交渉を試みることになります。

治療を終了して良いのはどんな時?

骨折を伴わない打撲捻挫等のお怪我の場合、適切な治療期間は、一般的には長くて事故から6ヶ月です。

保険会社によっては、事故から3〜4ヶ月で治療費の支払いを打ち切ると言ってきますので、その際には注意が必要です。

もっとも、事故から1〜3ヶ月しか経過していなくても、本当に症状が消えてもう治療の必要がないのなら、あえて引き延ばす必要はありません。

6ヶ月を過ぎても後遺症が残った場合や、医師から症状固定と言われた場合は、後遺障害の申請手続きを進めていくことになります。

弁護士が治療打ち切りに対抗

保険会社の治療打ち切りにお困りの方は、速やかに弁護士にご相談ください。

弁護士であれば具体的なお怪我の内容や治療状況、医師の意見などを踏まえて保険会社と交渉し、治療の継続を勝ち取れることも多いです。その場合は、安心して病院に通い続けることができます

慰謝料も不当に減らされることはありませんし、後遺障害の申請に際しても有利になります。

早期のご相談が肝心です。交通事故の事件処理に精通したアトム法律事務所の無料法律相談をぜひご活用ください。

治療打ち切りのお悩みを弁護士に無料相談

交通事故で怪我を負い保険会社から治療打ち切りをされそうな方のお悩みは、今すぐアトムの無料相談窓口にご連絡ください。

保険会社からの治療打ち切りのお悩みを弁護士に無料相談

電話・LINE・メールでのお問い合わせを24時間・全国対応で受付中です。

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>
相談・お問い合わせ